2017-03

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_footer
entry_header

<給油キャップ>閉め忘れにご注意 セルフ式スタンドで多発

自分で給油するセルフ方式のガソリンスタンドの増加が、思わぬ危険な忘れ物を生んだ。それは、車の給油口のキャップ。「2日に1個は置き忘れがある」とも言われるほど。ガソリンは揮発性が高く、過去にはキャップの閉め忘れが原因で爆発して男性ドライバーが重傷を負う事故も起きており、ガソリンスタンドや消防局は注意を呼びかけている。



 福岡市中央区にあるスタンド「Dr.Driveセルフ薬院SS」。吉村光弘マネジャー(35)がかごいっぱいのキャップを見せてくれた。どれも自分で給油したドライバーがキャップをしないまま置き去りにしたもの。そんなキャップが2日に1個は見つかるという。



 店によると、深夜0時から早朝5時ごろまでに置き忘れが見つかる例が目立つ。後日取りに戻るドライバーもいるが、店には常時20個程度が残るという。「60個ほどたまった時もあった。給油後、キャップを閉める前に釣り銭を取りに行き、そのまま忘れてしまうケースが多いようです」と吉村さん。



 福岡市消防局指導課によると、ガソリンは揮発性が高く、その蒸気の比重は空気の3~4倍。給油口から漏れたガソリン蒸気は地面をはうように広がり、離れた場所で引火する可能性もある。「密閉された車庫など蒸気が滞留したところに火を近づければ危険です」と土井良朗弘(どいら・あきひろ)係長は注意を促す。



 消防庁によると、火災統計にキャップの閉め忘れが原因のまとめはないが、過去に重傷事故も起きている。



 北海道根室市で97年6月、男性が車のトランクを開けようとした際に爆発し、腰の骨を折るなどで約5カ月入院した。その後の根室市消防本部の調査で、事故2日前に男性が給油した際、スタンド従業員がキャップを閉め忘れていたことが判明。男性は「車を停止させる度にガソリンのような臭いがし、燃料の減りが早かった」と振り返った。



 市消防本部は「給油口からガソリンが気化して車内の穴を通してトランク内に充満し、くわえたばこをしたままトランクを開けたために引火した」と推定する調査報告書をまとめた。



 自動車メーカーは置き忘れ防止の対策を進めており、最近の車種ではキャップと車体をワイヤでつなぐなどの工夫がされている。トヨタ自動車広報部は「閉め忘れるとの声が多く、05年ごろの車種から順次、切り替えている」という。



 財団法人「日本エネルギー経済研究所石油情報センター」によると、セルフスタンドは年々増加。昨年9月末現在で全国8703カ所に上り、全スタンドの23%を占める。福岡県はセルフ化が特に進んでおり、全国8位の30.3%に上る。



 セルフ薬院SSの吉村さんは「くわえたばこのまま給油しようとする人もいる。従業員が多い昼間は声を掛けるが、キャップの閉め忘れとともに十分注意してほしい」と呼びかけている。【近松仁太郎】



※ 毎日新聞さんより引用



セルフサービスのGSga普及される以前にも

2度ほどガソリンスタンドで給油キャップをガソリンスタンドの従業員に

忘れられ・・・数日後戻ってキャップするってこと繰り返したことがあります(ーー;)

ですので逆にセルフサービスで自分で給油する時の方が

とても注意を払って、絶対に!キャップを忘れないようにという行動をとることができますよ!





スポンサーサイト
entry_footer
entry_header

「引出しやすさ」で選ばない!複数口座の使い分け方

著者は、普段の生活の中で用途別に4つの銀行口座を使い分けています。



■ 銀行口座の使い分け方



実際に著者がどのような用途に分けてそれぞれの口座を利用しているのかを記載します。



◎ 1.メイン口座



メインとなる口座は給与振り込み口座です。給与が振り込まれる口座から主に生活で使うお金を引き出していきます。メイン口座では、家賃や光熱費、外食やショッピングで使用するクレジットカードの引き落としを行います。



こちらは家の近くの地域的に便利な地方銀行(横浜銀行)を使っています。家から一番近いのがこの銀行なのでメインとして使っています。



◎ 2.ネットショッピング専用口座



次に、ネットショッピング専用の口座です。ネットでは定期的な消耗品を購入することもありますが、衝動買いもしやすいので、あえてメインのクレジットカードとは別にネットに有利なクレジットカードを契約して、引き落とし口座もメインと分けています。



私は楽天市場を利用し、ポイントを使用したネットショッピングをよく使うので、ポイントの溜まりやすい楽天カードを専用で使っています。口座を分けることで、ネットショッピングで買い物をした時にはメイン口座からこちらの口座にお金を預け入れる必要があります。この手間は、ネットでの買い物をリアルに感じ、自制を促す目的があります。



常に残高は一定額にしておいて、残高を超すような買い物量の時には熟考するようにしています。残高を超すような買い物でなければ、引き落としの直前に慌てて預け入れることもなく、暇なときに補充する形で続けられるでしょう。銀行は三菱東京UFJ銀行です。こちらは家の近くには窓口はありませんが、いざとなれば最寄りのコンビニから預け入れが出来るので使用しています。



◎ 3.お小遣い口座



メイン口座にお金が溜まってきたなと思ったらお小遣い口座に移行します。なぜお小遣い口座かというと、手数料が全国的にも無料の場所が多いゆうちょ銀行を使うからです。地方銀行ですと、お小遣いとしてのお金を引き出すのに手数料が高くつくことがあります。ですので、安心して使えるお金は手数料の低い口座を利用します。逆に経済的にひっ迫しているときは引き出しやすい口座は使わないようにします。



メイン銀行は銀行ATMでは手数料が無料ですが、コンビニでは有料です。コンビニなどでも無料で引き出すことが出来ると、使わなくても良い時にも引き出しやすいので、あえてメインで使う銀行は地方銀行にしています。



家の近くという観点からは地方銀行の方がコンビニよりも近く便利なのですが、出先ではゆうちょ銀行の方が有利なので、このバランスが「お小遣い」か「引き落とし等に備えた生活費」かの使い分けのポイントです。ゆうちょ銀行では、その他定期預金など利率の良い貯蓄も利用しています。お小遣いが溜まればさらに定期預金にグレードアップさせることができます。



◎ 4.ネット銀行



上記に加え、最近ネット上の取引で有利なネット銀行も開設しました。オークション利用時の手数料などを安くおさえるためですが、今後ネットショッピングでの活用方法も再度検討してみようかと思います。



ネットも楽天銀行として、クレジットカードに合わせてみました。ゆくゆくはネットショッピング用の口座としてまとめることも考えています。



■ おわりに



アルバイトや就職のたびに銀行を指定され、その都度増えていった銀行口座。しかし、使わなくなった口座などを活用する為に考えた結果、今のスタイルに落ち着きました。衝動的に買い物をしたりすることがあるので、あえて手間をかけることでお金をしっかりと考えて消費、貯蓄できるように努力しています。みなさんも参考にしてみてくださいね!



※ nanapiさんより引用



今やネット銀行は外せない存在になりましたよねぇ~(*^_^*)


便利なのは言うまでもなく、手数料も無料やかなり安い銀行も多いですし。


entry_footer
entry_header

ちゃんと知ってる?「お正月」の基礎知識

正月は家に歳神様(としがみさま)をお迎えし、お祝いをする年中行事です



■ 意味



歳神様とは1年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実るように約束をしてくれる神様です。また、子孫の繁栄を見守るためにご先祖様が歳神様になって帰ってきてくれるとも言われています。



■ 期間



正月とは本来、旧暦の1月のことを指します。なので正式な正月は1月1日の元旦から31日までの期間を言います。



しかし現在では「三が日」(1月1日~3日)や、門松を片付ける「松の内」の7日までを正月だと混同している人が多いようです。多くの企業や店舗が「三が日」をお休みとしています。



■ あけましておめでとうございます



「あけましておめでとうございます」という言葉は年が明け歳神様を迎える際の祝福の言葉でした。人々は、歳神様を迎えられることに感謝し、喜びあったということです。



また春は生命誕生の季節。昔の人は、春を迎えたことにより新たな生命が生まれてくることを心から喜びました「芽出度い(めでたい)」という言葉には「新しい春を迎え芽が出る」という意味があるそうです。



■ 習慣



◎ 年賀状



もともと正月には「年始参り」といって、日頃お世話になっている人のところへ挨拶に行くという風習がありました。しかし、遠方に住んでいる等、挨拶をしにいくのが難しい場合、代わりに手紙で挨拶をするようになりました。これが年賀状の始まりです。



現在も、新年の挨拶として日頃の感謝と新しい年もよろしくお願いしますという気持ちを伝えます。また、喪中の家には年賀状を出さないというルールもあります。



◎ お年玉



正月に大人が子供に渡すお金のことをお年玉と言います。元々お年玉は、お供えをして歳神様の魂が込められた鏡餅を、年長者がみんなに分け与えるというものでした。戦後、お餅がお金になったと言われています。



◎ 鏡餅



鏡餅は歳神様への供え物です。そして、1月11日は「鏡開きの日」です。鏡開きの日には、新しい年の一家円満、健康を願いながら神様にお供えしていたお餅をお雑煮やお汁粉にして食します。



◎ おせち



そもそもおせちは季節の節目(節句)に食べる料理のことをさす言葉でした。しかし、だんだんと節句が簡略化されると、一番重要な節句である正月でしかおせちを食べなくなりました。ちなみにおせちが重箱に入っているのは、幸福が重なるようにと願いが込められているからです。



◎ 遊び



正月には、双六や凧揚げ、羽子板や福笑いなど伝統的な遊びが数多く有ります。



■ おわりに



正月という行事には、昔の人が込めた意味や想いがたくさんあります。形式ばかりにとらわれるのではなく、それぞれの習慣に込められた意味を確認しながら、お正月を迎えたいですね。



※ nanapiさんより引用



おせちが重箱に入っている意味→幸福が重なるようにと願いが込められているから

これって、すごく良い意味だったんですね!!!










entry_footer
entry_header

もしノロに感染したら…「病院には行かない方がよい」って本当?

■乳幼児・高齢者は病院へ



 横浜市の病院で感染性胃腸炎を発症した高齢患者4人が死亡していたことが29日、新たに判明するなど猛威を振るうノロウイルス。年末年始は、帰省に伴う移動、初詣などで大勢が集まり感染リスクは高まる。ただ、症状が出ても特効薬がなく他人にうつしてしまう恐れもあることから、「病院には行かない方がよい」との指摘も。感染してしまったらどう対処すればよいのか。(道丸摩耶)



 ◆「家で休む」



 ノロウイルスは例年、11~2月ごろが感染のピーク。嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などが主な症状で、生ガキなどの貝類のほか、感染者の吐いた物や便からも感染する。だが、ワクチンがないため、予防が難しいうえ、感染しても特効薬はない。



 治療は対症療法で、病院でできることは脱水を防ぐ点滴などに限られる。大勢の人が出入りする病院で感染拡大につながる恐れもあり、感染症に詳しい自治医科大学付属病院の森沢雄司感染制御部長は「病院に行くより、家で休んだ方がよい」とアドバイスする。



 ノロウイルスは海外でも感染が広がっているが、「イギリスでは医療従事者の過剰負担を避ける意味合いもあり、『受診しても意味がない』とされている」(森沢部長)という。日本でも、インフルエンザの流行と重なれば、医療スタッフの業務が過剰になるなど病院が混乱する恐れがある。



 「吐いた物を詰まらせて亡くなる例は多いが、ノロウイルスそのもので亡くなるケースは少ない」と森沢部長。体力がない乳幼児や飲食が難しい高齢者らは病院に行った方がよいが、そうでなければ、スポーツ飲料など水分を取りながら休むことが重要だという。



 ◆長くて2日



 だが、厚生労働省結核感染症課の担当者は「下痢と嘔吐の症状のみで、ノロウイルスかどうかを患者自身が診断できるわけではないのに、病院に行かない方がよいというのはいかがなものか」と疑問を呈する。原因がノロウイルスかを特定するには時間がかかり、体力のある人なら原因が判明する前に治ってしまう。



 それでも病院に行く必要性を訴えるのは、浜松医科大の大磯義一郎教授(消化器内科)だ。「下痢や嘔吐を引き起こす疾患は感染症以外にもあり、ノロウイルスによる感染性胃腸炎かどうかの診断は必要。治療薬のある感染症もあることや、小児や高齢者などは激しい下痢・嘔吐で重症化することがあるので、医療機関にかかった方がよい」



 国立感染症研究所(感染研)によると、ノロウイルスの特徴は「症状が続くのが、数時間から1、2日までと比較的短い」ことだという。耐えられないほどの強い症状や高熱、何日間も症状が変わらない場合は他の疾患も疑われ、迷わず病院に行った方がよいという。



 ◆食中毒注意



 不特定多数が集まる機会が多い年末年始だが、厚労省によると、ノロウイルスは感染者への接触やくしゃみなどによる飛沫(ひまつ)感染だけでなく、感染した調理人による料理を食べたりする「経口感染」でも広がる。



 食中毒は一般的には食品が傷みやすい夏に多いが、ノロウイルスは寒い時期に流行し、冬の食中毒の原因となる。このため、忘年会での食事や弁当などで集団食中毒を起こすケースも少なくない。感染研は「配膳する人も手洗いをしっかりしてほしい」としている。



 ■症状に個人差、自衛策カギ



 国立感染症研究所によると、今年のノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者数は例年と比べると依然多く、今後も感染拡大に注意が必要だ。



 「ひどい場合は1日10回以上も嘔吐(おうと)や下痢を繰り返すことがある」(感染研)という激しい症状が知られるノロウイルスだが人によっては症状が出なかったり、軽症で終わったりすることも。また、ノロウイルスの潜伏期間(24~48時間程度)は症状がないため、知らずにウイルスを排出し続けてしまう。



 こうしたことから、「施設や家庭へのノロウイルスの侵入を防ぐのは不可能」と感染研。結局は自衛策が重要であり、「こまめに丁寧に手を洗う」などの対策が最も有効だと言えるのはこのためだ。



※ 産経新聞より引用



手洗い、うがいは当たり前ですが、

できれば顔も洗ってしまうと効果が高いらしいですよ!



entry_footer
entry_header

冷蔵庫、食材をため込んでませんか

年末から正月にかけては、食材を買い込む機会が増える季節。スーパーの休みを見越し、また来客を見越して、ついつい多くの食材を買いすぎてはいないだろうか。

特にこれからの時期、スーパーのテンションもあがっていく。売れ売れの商戦に乗せられて買いすぎ、食材が傷んでしまった……なんて声も。そこで、おすすめは食材を冷凍すること。どんな風に冷凍すればいいのか野菜ソムリエに聞いてみた。

まず、おせちや雑煮で活躍する大根。これはそのまま冷凍可能。大根おろしにしても冷凍できるので、2種類のパターンで冷凍しておくと便利。ニンジンやかぼちゃは好きな形に切って、生のまま。ただし食感が多少変わってしまうので、解凍後は煮物などにするのがおすすめ。

タマネギはみじん切りか薄切りにして冷凍。貝類は冷凍すると味に深みが。あえて冷凍するのもおすすめだとか。しょうがはすり下ろして冷凍。トマトはつぶして冷凍すればスープなどに使用可能。
冷凍には向かないジャガイモも、マッシュにすれば大丈夫。

今の季節余りがちなカマボコは、冷凍すると食感が変わってしまう。しかし小さめに切った上での冷凍なら問題はないそう。クリスマスで余ってしまう生クリームも、ホイップして冷凍すればちょっと欲しい時にも便利。
正月の定番、お餅もラップでくるんで冷凍しておけば、いつでも食べられる。
食べきれず余ってしまう黒豆なども冷凍可能だ。

……などなど、うまく冷凍さえすれば正月食材を無駄に使わずにすみそうだ。
しかし方法がわかっても、格納する冷蔵庫本体は大丈夫なのだろうか。
各社電機メーカーに、冷蔵庫の収納量目安を聞いてみるといずれも「だいたい、定格内容積の65パーセント程度がおすすめです」という。
「冷蔵室や冷凍室は背面にある冷気の吹き出し口から、冷気を庫内に送り出し冷やします。食材を多く収納すると、隅まで冷気が回りにくくなる可能性があるのです」つまり詰め込みすぎると冷蔵庫がうまく稼働しない。

さらに、冷蔵庫・冷凍庫に物を詰め込みすぎた場合、心配なのは電気料金だ。
「食材を冷蔵庫に詰めすぎますと温度がなかなか下がらず、庫内の温度センサーが強く働くことになります。その結果、消費電力などに影響がでることも」
そういった点からも、ぎゅうぎゅうに詰めてしまうのは止めた方が良さそうである。

年末、ついついたくさん食材を買ってしまいがち。
冷凍を駆使した上で、自宅の冷蔵庫の大きさとも相談し美味しく食べられるだけにしておきましょう。



※ Exciteコネタさんより引用



作り置きを冷凍する方法、試したことあるんですが

やっぱりどうしても作りたての味とはちょっと違う・・・仕方ないですけどね。

それから、以外と小さな冷蔵庫の方がたくさん買っても入らないという頭がありますから

その方が効果的かも?!







entry_footer

side menu

side_header

最近の記事

おすすめ[優良企業]発表!

☆詳しい情報はこちらからどうぞ☆
外国為替証拠金取引の外為オンライン
外国為替証拠金取引なら
外為オンライン



サラツヤ美髪!海藻ヘアエッセンスの無料サンプル


5GBで月額250円〜!
FC2レンタルサーバーLite!



いろんな婚活をくらべてミル!?
婚活相談コーナーは完全無料!


FC2Ad

  • side_footer
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。